成人式の写真は一生の思い出になります|色褪せない物

女の人

子供の成長と伝統文化

撮影中

少子化だからこその文化

現代の若い人の間で、七五三の文化の目的や意義を理解していらっしゃる方は、果たしてどれだけいるのでしょうか。或いはもうその若い人自体が、七五三を体験したことがないのかもしれません。七五三は我が子の成長の過程をお祝いし、記念写真を撮るという大切な伝統文化です。もちろん今でもきちんとこの文化を大切にし、我が子に受け継いでる家庭も多いです。最近ではフォトスタジオなどで、プロの写真家の方に綺麗に写真を撮ってもらえたり、プロのスタイリストの方に髪型や着物を綺麗に整えてもらえたりなど、ずっと綺麗に思い出に残るようにすることが可能になります。また小さいときからお宮参りや着物を身に着けたりする経験を通じて、大人になってもなかなか経験できないことやマナーを教えることが出来る点でも、七五三の意義が見いだせます。

昔と今の相違による注意点

昔は近所付き合いが濃密だったため、我が子の七五三の場合には、晴れ着姿の我が子を近所にお披露目し祝ってもらっていました。もちろん今でも、地方などの近所付き合いが良好な地域では、その風潮が残ってる場合がありますが、現代の核家族化や近所付き合いの希薄化の中では、近所にお披露目することは控えた方が良さそうです。ただそれでは味気ない思う場合は、ハガキなどでお知らせするくらいは良いでしょう。七五三を行うときは、写真撮影や着物など意外とお金がかかります。現代では所得格差が広がりつつあるので、世帯によっては七五三をしたくても出来ない場合があります。その場合は、フォトスタジオなどで内容や費用を相談することが出来ます。上手く活用すれば、安くて良い内容だったり、自分に合った内容を選ぶことが可能になります。